2/12~2/22の成績

今回は終盤に「エヌビディア決算待ち下落」という素人には若干理解不能なイベントが発生し苦戦しましたが、新たに買い始めたETFも功を奏し何とかトータルで1%に届きました。以下が内訳です。

銘柄利益
iFreeNEXT インド株インデックス1.89%
iFree 年金バランス0.85%
ゴールド・ファンド(為替ヘッジなし)0.25%
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>-0.05%
たわらノーロード フォーカス AI-1.32%
eMAXIS JPX日経中小型インデックス3.96%
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス0.31%
ニッセイSOX指数インデックスファンド(米国半導体株)-0.99%
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)1.41%
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天・VYM)1.93%
楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド(楽天・オールカントリー)1.13%
楽天・日経225インデックス・ファンド(楽天・日経225)4.81%
ETF NF日経2253.24%
ETF WT天然ガス上場投6.45%

冒頭でも書きましたが、エヌビディア決算待ちの下落でAIと半導体関連が足を引っ張りました。しかしご存じの通り、結果的に好決算で翌日の米市場では高騰していますが、日本の投資信託への反映は来週に持ち越されます。一方で、好決算を受けた日本市場も史上最高値を付けましたが、こちらは即日反映されますので何とか1%に届いた格好です。先日からのAI頼り脱却作戦で買っていたインド銘柄やETFも利益貢献してくれました。

さて次は何を買い付けようか。